不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 土地活用

スポンサードリンク

土地活用:土地活用をする理由

土地活用をする理由はどこにあるのでしょうか。例えば、あなたが突然親の土地(自宅)を相続することになったとします。しかし、今のあなたには自分の生活があって、親の土地(自宅)には住めません。

また、土地活用に興味がなく、あるいは仕事が忙しくて土地を使ってビジネスを始めるのも難しい状況です。そのため、相続した土地はそのままにしておくことになりました。さて、このままだと将来どうなるのでしょうか。

土地活用をしない場合

1、土地を売る

土地の管理が面倒だったり、相続人が複数で分割ができないなどの理由から、相続した土地を売ることになった場合。土地を売って現金が得られても、譲渡税として譲渡益の20%相当の税金がかかります。

2、土地(自宅)をそのままにしておく

両親が住んでいた家をそのままにしておくと、毎年、固定資産税がかかります。人が住まない建物は荒廃が早く進み、またそのまま放置しておくと近隣からも敬遠され、手入れをするためには、維持管理コストや手間がかかります。しかも収入がない上に、自分の給料からこれらの費用を払わなければなりません。

3、貸家や貸地(自宅)をそのままにしておく

親が貸していた貸家や貸地をそのままで賃貸経営を続けた場合、貸家も老朽化すれば、収益は確実に減っていきます。また代が替わったことで、貸地は権利関係がわかりにくくなることもあります。

このように、余った土地をそのままにしておくことは非常にもったいないだけでなく、むしろ損をする可能性すらあるのです。

スポンサードリンク

HOME | 土地活用の方法 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved