不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 土地活用

スポンサードリンク

土地活用:資産価値はどんどん下がってしまう

何もしなければ土地を守ることはできません。もし所有地を更地のまま持ち続けていたらどうなるのでしょう?

地価の下落、そして2回の相続があったとすると20年後に子どもの手に残る資産は合計で1億1400万円となります。5億円相当の土地資産がなんと4分の1に減ってしまうのです。

このほかにも毎年固定資産税などの納税の必要もあるのです。自分の持っている土地での賃貸住宅経営はすでに所有している土地を生かすだけなので始めるのが容易で身近に取り組むことができる事業なのです。もちろん事業ですのできちんとした計画と運営は大切ですね。信頼できるプロに相談しながら資産を守るのが良いでしょう。

面倒な管理業務を外部に委託したり、契約によって満室分の家賃保証を受けるなど、賃貸住宅経営にはさまざまなサポートがあるのです。まず相談ができる。どんな賃貸住宅を建てればいいか迷ったときは一人で思い悩む必要はありません。建築工事を請け負う会社や融資をする金融機関にあらかじめ相談することもできます。次に掃除も任せられます。建てた後の掃除や管理が大変そうだと思うならば外部の会社に依頼することもできます。

入居者との契約や契約の更新、退去、新規募集といった管理業務をすべて委託することも可能なのです。次に家賃保証がある。やっとの思いでせっかく建てた賃貸住宅も空室が多くては経営に影響が出てしまいますね。しかし家賃保証制度を使用することによって常に契約した額の家賃を受け取ることができるのです。

成功事例としてはその土地の持つ特徴を生かして作った土地利用方針の設定、事業に要する時間及び費用を考慮した適切な事業手法の設定が大きなポイントです。リスクの適切な管理が重要な要素となっており、リスクの分散を図る仕組みが取り入れられてきていることも明らかになってきています。

このことから土地の活用を行うにあたってはその土地の特性を適切に認識し、土地利用の方針を決定するとともにその方針を実現するための手法について事業の特性、土地所有者の意向、マーケットの状況を把握して最適なものを選ぶことが重要になってきます。

スポンサードリンク

« 賃貸住宅経営に必要な3つのステップ | HOME | 駐車場経営とアパート・マンション経営について »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved