不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 住宅ローン

スポンサードリンク

住宅ローン:住宅ローンの借り方

住宅ローンとは、住宅の購入に用途を限定した融資契約です。住宅ローンは通常数千万円という金額になりますが、一般の個人が受ける融資としては破格の高額です。これは受けた融資の使い道が住宅に限定されているから可能なことで、住宅を購入するわけではない、という場合はこれほどの金額を借りることはまず不可能です。

住宅ローンがそれを可能にしているのは金融機関側のリスク管理という事情があります。住宅を購入するために住宅ローンを組むということは、お金と引き換えに住宅という財産を得ることになります。金融機関は個人に対して高額な融資を行うと同時に、万が一返済が不可能になった場合にはその住宅を差し出してもらう、という契約と取り付けています。これを担保と言いますが、これは金融機関の一般的なリスク管理です。

住宅ローンがこのようなリスク管理を行っているお蔭で、住宅ローンは高額で長期間にわたるにも関わらず金利は非常に低く抑えられています。そうでないと一般の個人が利用できませんから、ここが住宅ローンの大きな魅力とも言えるでしょう。

住宅ローンは、それではどこから受けることが出来るのでしょう?

住宅ローンには民間と公庫という種別があります。公庫とは住宅金融公庫などの公的機関から住宅ローンの融資を受けることで、民間ローンとは民間の金融機関から住宅ローン融資を受けることです。民間住宅ローンの申し込み先としてもっとも一般的なのは銀行です。

これは住宅ローンの代表格と言えるほど広く利用されています。公庫の金利は安いというのが一般的ですが、住宅の面積や価格などに細かい基準があります。また民間ローンの場合はあくまでも利益を追求している民間企業から融資を受けるので公庫よりは若干高めですが、借りやすい工夫がされているので公庫より利用しやすいのが特徴です。

公庫と民間それぞれがメリットとデメリットを持ち合わせており、これらをうまく組み合わせて利用するのが最も賢い住宅ローンの利用法と言えるでしょう。

スポンサードリンク

« 住宅ローンについて | HOME | 住宅ローンの審査について »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved