不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 住宅ローン

スポンサードリンク

住宅ローン:住宅ローンは比較検討を

住宅ローンを組む、というのは数千万円単位の借金をするということを意味します。頭金が仮にたくさん用意できたとしても、やはり高額な借り入れをすることには変わりありません。不動産というのは一般的にみて最も高額な商品ですから、それを借り入れたお金で購入するとなると住宅ローンが高額になるのは当然のことでしょう。

住宅ローンを検討する際に、どこの金融機関を利用するのが良いのか、またはどんなプランにするのが良いのかをしっかり検討するのは必要不可欠です。住宅ローンの申し込み先としては住宅金融公庫などの公的機関か、銀行などの民間金融機関が一般的です。

公的機関については購入する住宅についての制約や住宅ローンの内容など、全ては法律で定められているので、これらの決まりごとが変わらない限りはサービス内容も変わることはありません。

住宅ローンの、もうひとつの大きな担い手である銀行は、これら公的機関に対して事情は大きく異なります。銀行は民間企業ですから、より多くの住宅ローン契約を取るためにサービス内容を充実させています。ここで言う住宅ローンの比較検討とは、これら銀行などの民間金融機関での比較検討を指します。

住宅ローンを専門に取り扱う相談窓口は、ほとんどの銀行にありますし、インターネットや電話などでも気軽に情報収集したり相談したり出来るようになっています。それだけ銀行が住宅ローンに力を入れているということの表れでしょう。

住宅ローンを支払う期間内には何が起こるか分かりません。銀行の住宅ローンにはそういったリスクを想定したさまざまなサービスもあります。例えば団体信用生命保険。これはほとんどの住宅ローンで採用されている方法ですが、住宅ローン返済中に万が一のことがあった場合、その生命保険から住宅ローンの残金が全額返済されるという仕組みで、残された人へ負担を残しません。

また返済支援保険と言って、死亡していない場合でも病気やケガなどで収入が減ってしまった場合に適用される保険もあります。これなら長い期間にわたって存在するリスクをきちんと管理できますね。これらのユニークなサービスも銀行の住宅ローンならではなので、こうした住宅ローン本体以外のサービスにも目を向けて比較検討すると、さらに選択の幅が広がるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

« 住宅ローンの借り換えについて | HOME | 住宅ローンはどこまで借りられるのか »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved