不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 住宅ローン

スポンサードリンク

住宅ローン:住宅ローンはどこまで借りられるのか

住宅ローンはいくらまで借りられるのでしょうか?融資限度額は、金融機関によって違っています。

その限度額を決める方法には2種類あり、担保価格と言われる土地や物件を査定し、限度額を決める方法と、収入により限度額を決める方法。両者で価格が低いほうが上限となり、住宅ローンの融資限度額は決定されます。

住宅ローンの担保価格となる土地や物件の査定は、各金融機関の住宅ローンの商品によって違います。それから、新築住宅が条件の住宅ローンの商品もあれば、リフォームや増築が条件の住宅ローンの商品もあります。目的によって、内容が違ってくるので、確認をして申し込みをしなければいけません。

住宅ローンの担保価格となる土地や物件の評価額は、民間の金融機関で8割~9割の価格設定がされます。つまり、購入しようとしている土地や家の価格の8割~9割の価格を、住宅ローンの限度額としているのです。1,000万円の物件なら800万~900万円。1億円物件なら、8,000万円~9,000万円ということになります。

しかし、ここで気を付けなければならないのが、金融機関からの融資限度額は、返済可能額とは違うということ。融資可能の判定がおりたとしても、無理のない返済計画を持つことが肝心です。

住宅ローンを公的機関から借り入れる場合の条件は、また違ってきます。家などの物件自体にも条件が付けられることがほとんどです。

その条件は、マンションの場合は、専有面積が50平方メートル以上280平方メートル以下。一戸建て住宅の場合は、床面積が80平方メートル以上280平方メートル以下、敷地面積が100平方メートル以下。住宅ローンの担保価格には、細かい規定が設けられているのです。

それ以外にも、建物が建っている場所の制限や建物の規模によっても融資限度額は違ってきます。しかし、残念ながら、公的機関からの住宅融資は、すでに廃止が決定されてしまいました。

住宅ローンの収入による制限は、民間の金融機関の場合は、金融機関によって設定が違ってきますが、返済負担率が20%~25%以内である場合がほとんどです。

例えば、税込み年収が250万円未満ならば、返済負担率の制限は25%以内であることが条件となります。400万円未満なら30%以内、600万以上なら40%以内となります。住宅ローンの融資可能額の計算は「毎月の返済額÷借入額100万円あたりの毎月返済額×100万円」で試算できます。その他にも、金利と期間によっても融資可能額が違ってきます。

スポンサードリンク

« 住宅ローンは比較検討を | HOME | 住宅ローンにかかる諸費用 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved