不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 住宅ローン

スポンサードリンク

住宅ローン:住宅ローンにかかる諸費用

住宅ローンの借り入れを申し込む段階で、新居にかかる費用のおおよその数字を算出しているはずです。建替えならば、仮住まいの契約に関わる金額、引越し費用、その他必要経費。新築物件の購入ならば、その他にも、新しいインテリア用品、家電製品、家具、カーテン、そして、現在の住宅の退去費用など。本当にたくさんのお金が必要とされます。

住宅ローンを借り入れする場合、上記の諸経費の他に忘れてはならない費用があります。それは、住宅ローンの諸費用です。

物件を購入する時、物件の金額の他に、様々な税金や手数料が発生してきます。頭金と同じ時期に用意をする必要があるので、お忘れなく。しかも、住宅ローンの契約時までに、現金での支払いをしなければならない項目もあります。それらの詳細は下記の通りです。

住宅ローンの契約をする前に行われる、売買契約の締結時に必要な諸経費は、仲介手数料と印紙代金。

仲介手数料とは、中古住宅に限り、物件を仲介した仲介業者に支払う金額。「(物件の税抜き価格×3%+6万円)×1.05」の計算式が決められています。ただし、契約時には、上記の計算式で求められた数字の半額を支払うことが多いでしょう。

印紙は、売買契約の締結時に使われる売買契約書に貼り付けて使われます。物件の価格によって金額は決められます。例えば、1,000万円超~5,000万円以下ならば、1万5千円。5,000万円超~1億円以下ならば、4万5千円となります。

他にも、住宅ローンの契約の締結後にかかる諸費用は、土地建物の登録免許税(登記費用)、司法書士報酬(2~6万円程度)、固定資産税(月割り日割りで精算される)、仲介手数料(契約時に支払っている場合は残金)、住宅ローンの事務手数料(借り入れた金融機関によって違う)、保証料(保証協会、保証会社に支払う)、団体信用生命保険料(公的機関は任意、民間金融機関は強制が多い)、火災保険料(強制加入)、抵当権設定費用(借入金の0.1%、司法書士報酬によって違う)などなど、実に様々な諸費用が重なってきます。

スポンサードリンク

« 住宅ローンはどこまで借りられるのか | HOME | 住宅ローンの頭金と借り入れ金額について »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved