不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 住宅ローン

スポンサードリンク

住宅ローン:民間融資について

「民間融資」には「銀行の住宅ローン」「協同組織などによる住宅ローン」「保険会社の住宅ローン」「ノンバンクによる住宅ローン」「社内融資」等があります。それぞれ公的融資とは違った特徴やメリットがありますので、順番に見ていきましょう。

「銀行の住宅ローン」とは各銀行が提示する一定の基準(収入など)を満たす人を対象に行なう住宅ローンのことで、返済能力や購入する住宅の担保評価等に応じて融資を行なうものです。銀行ごとに融資状況は違ってきますが、その銀行との取引状況によって金利が優遇されるなどの措置もあります。日ごろから取引をしている銀行があれば、まずはそこへ問い合わせてみることをおすすめします。金利は変動型金利か固定金利期間選択型のいずれかになるところが多いようです。

次に「協同組織などによる住宅ローン」とは信用金庫や信用組合、労働金庫やJAバンクなどが行なっている住宅ローンのことです。信用金庫や労働金庫が行なう住宅ローンは中小企業や個人の地域住民が対象で、信用組合や労働組合、JAバンクについては加入している組合員が対象になります。融資条件等については組織によって違いますが、基本的には「銀行融資」と似ています。金利は変動型金利か固定金利期間選択型のいずれかになるところが多いようです。

さらに、「保険会社の住宅ローン」とは生命保険会社や損害保険会社が住宅メーカーや開発業者、建売業者などと連携して行なう住宅ローンのことです。融資条件は物件の購入価格や状況等によって異なります。金利は変動型金利か固定型金利、固定金利期間選択型のいずれかになります。

ノンバンクによる住宅ローンと社内融資

「ノンバンクによる住宅ローン」とはクレジット会社やネットバンク、住宅金融専門会社など銀行以外の金融機関が行なう住宅ローンのことをいいます。融資条件はそれぞれの金融機関によって異なりますが、比較的条件が甘く、手続きも簡単に済ませられるところが多いようです。金利は変動型金利、固定型金利、固定金利期間選択型のいずれかになります。

「社内融資」とは会社が従業員を対象に行なう融資のことをいいます。従業員ならば誰でも受けられるというわけではなく、会社ごとに条件があります。ただし、融資を行なっていない会社もありますし、たとえ融資を行なっていたとしてもそのことがあまり従業員に知られていない可能性もありますので、事前に社内広報等で情報収集しておくことが大切です。なお、融資限度額は勤続年数や収入などによって変わってきます。

以上のように、「民間融資」は公的融資ほどは条件が細かくなく、審査もさほど厳しくないため利用しやすく、一般に広く門戸が開かれているのがメリットです。ただし、サービスがあまりにも多種多様なので、自分の場合はどの住宅ローンがお得かということをしっかりと見極める能力が必要になります。そのためには、住宅ローン一般に関する知識を深め、情報収集を怠らないことが何よりも大切です。

住宅ローンの「民間融資」のうち、どの住宅ローンが最もお得か、一言には言い難いのですが、やはり金融のプロであり、企業への融資を中心に成り立っている銀行の住宅ローンが一番信頼できるのではないでしょうか。サービスも充実しており、何よりも顧客を大切にしてくれるので、現在住宅ローンを検討中で「民間融資」に興味のある方がおられるのであれば、まずは「銀行の住宅ローン」から問い合わせてみることをおすすめします。

スポンサードリンク

« 公的融資とは | HOME | デザイナーハウスとは »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved