不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > デザイナーズハウス

スポンサードリンク

デザイナーズハウス:デザイナーズハウスとデザイン住宅

デザイナーズハウスを購入する場合、建築家と依頼者の話し合いにより、依頼者オリジナルの住宅を建てることが可能ですが、デザイン住宅では建築家が同一のデザインの住宅を設計・デザインし、それらの設計・デザインを商品として販売することにより、同じデザインの住宅を誰でも購入することが出来ます。

デザイナーズハウスのように細かい要望を満たすことは出来ませんが、高いデザイン性の住宅を手軽に購入する事が出来るのがデザイン住宅のメリットです。近年、様々な種類のデザイン住宅が建てられているので、実際に住宅を見学し、自分のライフスタイルに合わせて選ぶ事が出来ることもメリットとして挙げられます。

デザイン住宅のデメリットは、あるデザイン住宅のデザインが気に入ったとしても、購入希望者が建築を予定している敷地の条件や家族構成等の条件によっては、そのデザイン住宅を購入する事が出来ないことが挙げられます。

デザイナーズハウスとコーポラティブハウス

デザイナーズハウスを購入する他に、より購入費用を抑えたつつデザイン性の高い住宅を購入出来る方法としてコーポラティブハウスと呼ばれる購入方法が注目されています。コーポラティブハウスとはマンションディベロッパーが販売している一般の分譲マンションを購入するのでは無く、住宅の購入を希望している人々が集まって建設組合を作り、リーズナブルに自由度の高い住宅を購入する事が出来る購入方法です。

デザイナーズハウスの購入と比べた場合のコーポラティブハウスのメリットにはデザイン性の高い住宅を安価に購入する事が可能な点と、分譲マンションの場合にかかる宣伝広告費やモデルルームの管理費が必要無い事から、殆ど原価に近い価格で住宅を購入する事が可能な点です。また、隣人が自分と一緒に建築計画を進めてきた仲間になりますので入居後も連帯感が生まれる事もメリットとして挙げられます。

>一方でコーポラティブハウス購入のデメリットは、入居希望者だけで敷地探し等の建築計画を進めていく為に長期の計画が必要になる点と、入居希望者の意見が纏まらない場合には作業が進まず、必要以上の時間と労力がかかってしまう可能性がある点が挙げられます。

スポンサードリンク

« デザイナーズハウスとデザイナーズマンション | HOME | デザイナーズハウスの選び方 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved