不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > デザイナーズハウス

スポンサードリンク

デザイナーズハウス:デザイナーズハウスの選び方

デザイナーズハウス以外にもデザイナーズマンションやコーポラティブハウス、デザイン住宅等、最近ではデザイン性の高い住宅を選ぶ際の選択肢が増えました。この記事では上記4種類の特徴を比較し、それぞれの住宅がどのような人に適しているのかについて調べてみました。

デザイナーズハウスの特徴は、建築家が依頼者の要望に合わせて最適な家作りをしてくれる事が挙げられます。自分のライフスタイルに合わせて細かい部分にまでこだわった一戸建てを希望する人はデザイナーズハウスを選ぶのが良いでしょう。建築家にデザイナーズハウスの設計を依頼した場合、一般的に設計期間が長くなってしまう為、住宅ローンが組みにくいのが難点です。

デザイナーズハウスのように建築家に依頼し、長い期間をかけて住宅を建てるのは面倒だが、デザイン性の高い一戸建てに住みたい。という人にはデザイン住宅がお勧めです。デザイン住宅は基本的な設計は決まっているので、デザイナーズハウスのように依頼者の細かい要望を満たすことは出来ませんが、より手軽にデザインの良い住宅を購入することが出来ます。

デザイナーズハウスやデザイン住宅のような一戸建てでは無くても良いので、デザイン性の高い住宅が欲しい。という人にはデザイナーズマンションがお勧めです。上記の2種類に比べて、設備や間取りを変更するのは難しいですが、現在では様々なデザイナーズマンションが建設されていますので、自分の好みに合ったマンションを探すのが良いと思われます。デザイナーズマンションは住宅ローンが組み易いのもメリットとして挙げられます。

デザイナーズハウスのように依頼者の融通が利く集合住宅が欲しい人にはコーポラティブハウスがお勧めです。コーポラティブハウスは購入希望者同士で建築計画を進めていくので、家作りの喜びを共有出来る反面、完成までに時間と労力がかかるデメリットもあります。また、話し合いがまとまらない場合には建築計画に大幅な遅れが生じる場合もあります。

スポンサードリンク

« デザイナーズハウスとデザイン住宅 | HOME | デザイナーズハウスの建築家の選び方 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved