不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 土地活用

スポンサードリンク

土地活用:それぞれの土地活用ケースのメリットとデメリット

土地の活用法には一長一短がありますので、十分に理解したうえで、自分の土地に最も適した組み合わせを考えてみましょう。

定期借地として活用した場合のメリット

・借入れが不要。
・固定資産税が6分の1。
・当初の相続税評価が45%~25%減額。
・譲渡税のかからないまとまった保証金が入る。
・安定した地代が得られる。
・トータルバランスは高い。

定期借地として活用した場合のデメリット

・30年以上もしくは50年以上の長期活用。
・ユーザーの納得のいく賃料設定が必要。

駐車場経営をした場合のメリット

・投資金額が少ない。
・借地借家法の心配は不要。
・他の事業への転用や売却がスムーズ。
・相続の納税用地として利用されることが多い。

駐車場経営をした場合のデメリット

・固定資産税が住居用に比べ6倍。
・立地によっては借り手を探すことが困難な事も。

土地売却をした場合のメリット

・固定資産税等の税金や管理が不要。
・先行売却によって節税と収益向上を図る事が可能。

土地売却をした場合のデメリット

・近隣への配慮が必要な場合も。
・売却で得た資金を個人消費に回すだけの場合、加速度的に減らす事にも。

アパート経営をした場合のメリット

・低い投資額で、事業が始められる。
・バックアップシステムあり。
・土地活用のスタンダード。
・無借金経営の場合、実質利回りが比較的高く得られる。
・老後の安定収入として
・相続税対策にも有効。

アパート経営をした場合のデメリット

・市場競争が激しくなっている。
・デザインや環境への配慮が必要。

マンション経営をした場合のメリット

・節税対策に大きな力を発揮します。
・土地を高度に活用することが可能。
・デザインの工夫や付加価値で、オリジナルプランが可能です。

マンション経営をした場合のデメリット

・収益性に難点。
・修繕費や管理費などの経費も比較的多くかかる。
・長期の活用になるため、相続分配や納税に不向きな場合も。

スポンサードリンク

« 土地活用をするべき人とは | HOME | 定期借地権とは »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved