不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > デザイナーズハウス

スポンサードリンク

デザイナーズハウス:デザイナーズハウスの建築家の選び方

デザイナーズハウスを建てる際、最初に建築家を選ぶ事から始めます。建築家と呼ばれる人々は一般的に一級建築士の資格を有していますが、一級建築士の資格を持っているからといっても住宅の建築を専門に仕事をしているとは限りません。

建築家とは一級建築士の資格を持つなかで建築の設計監理を専門に仕事をしている人々です。日本建築家協会(JIA)は建築家資格制度という登録された建築家の情報を公開する制度を設けています。これは日本建築家協会が一定の審査を行った上で建築家を登録し、登録された建築家の情報を公開する制度です。

デザイナーズハウスを建てる際にはどのような建築家を選ぶかが重要な問題となります。建築家によっては得意とする建物の種類や工法が異なりますし、デザイナーズハウスのようにデザイン性の高い建築を得意としている建築家ばかりではありません。このように建築家の情報は事前に調べておく必要があります。

日本建築家協会のサイトでは登録されている建築家の経歴や得意とする建物、製作実績が公開されています。そちらを参照して自分の希望するデザインに合った建築家を選ぶと良いでしょう。

デザイナーズハウスの建築を工務店やハウスメーカーに依頼した場合、数名の建築家で設計コンペを行い、複数の設計プランのなかから選ぶ事も可能です。この場合の多くは、依頼者がそれぞれのハウスメーカーや工務店に登録されている建築家の製作実績を見て、そのなかから数人の建築家を選び、選ばれた建築家が依頼者の要望を基に設計プランを作成してコンペを行います。

コンペを行うメリットは、依頼者が複数の設計を比較することにより、自分の希望に合ったデザイナーズハウスが見つかる可能性が高まる事と、建築家同士が競い合うことによって、より質の高い設計プランが期待出来る事です。

スポンサードリンク

« デザイナーズハウスの選び方 | HOME | デザイナーズハウスの定義とは »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved