不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > デザイナーズハウス

スポンサードリンク

デザイナーズハウス:デザイナーズハウスなら満足のいく家作りができる

デザイナーズハウスという言葉からは、まずデザイン性に優れた家を指すと思います。従来の量産型の建売り住宅とは対照的に、住む人のライフスタイルを表現する家ともいえます。デザイナーズハウスは、自分のライフスタイルを持ち、自分の夢を具現化したいと考える人たちから需要が高いと思います。デザイン性の高い住宅=デザイナーズハウスでしたが、現代ではもっといろいろな定義を持ち合わすようになりました。

デザイナーズハウスを定義するのは難しいですが、おおよそ以下の特徴の大半を持ち合わせているものだととりあえず言えます。つまり、(1)デザイン性が高いこと、(2)従来の注文建築よりも、細かな要望・こだわりを反映させる、(3)ライフスタイルに合わせ、個性的な家を建てる、建築家と独自の建築計画をする、などです。

デザイナーズハウスへの注目は、これからの住宅は、今までの大衆向け量産住宅の時代から脱皮し、間違いなく、個のスタイル、個の住宅へと向かっていくという趨勢があるためです。大雑把にいえば、高度成長期、バブル期の繁栄・崩壊を経た現代はより個性と、ライフスタイルを追求する時代になってきています。

デザイナーズハウスが注目されるようになる前は、大工に直接工事を依頼するのが当時の主流でした。大工主導のもとで建築計画を行い、より日本的な家が好まれました。施主の要望はあまりなくいい素材と腕のいい大工だけが望まれていました。その後ハウスメーカーの手によって、住宅の工業化、量産化と共に画一的な住宅が一般的になりました。まだ、家を建てることが、ある種のステータスの時代でもありました。

デザイナーズハウスは建売り型ではなく、建築家や設計士と一から作り上げていきます。そのため、建築家・設計士の選定、実施設計、、見積り取得・精査、施行業者選定、施行業者監理、設計監理、工事監理、アフターメンテナンス等々に関わっていくことが必要になります。

スポンサードリンク

« デザイナーズハウスの定義とは | HOME | デザイナーズハウスは作る人の感性に委ねられる »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved