不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > デザイナーズハウス

スポンサードリンク

デザイナーズハウス:デザイナーズハウスは作る人の感性に委ねられる

デザイナーズハウスに限らない話ですが、家を建てようとするとき、あなたはどうしますか。まず住宅展示場や住宅関連のショールームへ行ったり、住宅情報誌を読んだり、建築家の作品を見たり、あるいは直接、建築事務所を訪ねて「これと同じような家を設計してください」と頼むというのが多いと思います。しかしこのような行動はありがちですが一つアドバイスできることがあります。

つまり、自分自身の感性に素直に従うためには、現実にあるモノ、現実に建っているモノを見て判断しないことが重要だということです。そのため、施主となる方に心がけて欲しいのは、頭の中にある漠然とした思いをできるだけ具体化しようと努めることです。

そして、ある程度の具体案ができた時点で、建築の専門家に依頼するとよいでしょう。なぜなら、現実に建っているモノは様々な条件の違いはあっても、全くの他人の思考と感性で形になったものです。施主になる方の感性と思考の産物ではありません。

つまり家具をたとえにすれば、出来上がっている家具を見て気に入ったものとまったく同じものを作るのではなく、日頃からこんな家具が欲しいと思い描いている家具を作ることが肝心です。家作りもそれと同じことがいえます。

施主の思考と感性を設計者に伝えると、設計者はあなたの人生観や価値観などを理解しながら、建てようとする家の全体像を法規・構造・技術などの観点から考えていきます。例えば施主が建てる予定の敷地には法律上高さ制限があったりしますが、こういう知識はやはり専門家と話し合って初めてわかるものです。ほかにも色々ありますが、設計者との打ち合わせでは、その際はあなたと楽しく話し合うこともあれば、深刻な議論をすることもあります。

その過程を通して、設計者はあなたの頭の中にある思いを少しずつ引き出して設計図にまとめていきます。

スポンサードリンク

« デザイナーズハウスなら満足のいく家作りができる | HOME | デザイナーズハウスにおける施主・設計士の選び方 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved