不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 注文住宅

スポンサードリンク

注文住宅:注文住宅の建築費用はどんなもの?

注文住宅を建築するにあたって、どの様な費用がかかるかを把握しておきましょう。

注文住宅の基本的な工事費として 基礎工事費・木工事費・仮設工事費・板金工事費・屋根工事費・防水工事費・塗装工事費・電気工事費・タイル工事費・建具工事費・左官工事費・給排水設備工事費・冷暖房設備工事費等の「本体工事費」と呼ばれている費用がかかります。

注文住宅の建物とは別に生活に必要な工事費として ガス工事費・外構費・地盤補強工事費・屋外電気工事費・照明工事費・換気工事費・冷暖房工事費等の「別途工事費」と呼ばれている費用もかかります。

また諸費用として 契約までに、地盤調査費・建築確認申請費・敷地調査費や手数料、火災保険料、印紙代等のローン関連費等等も必要になります。

入居後には、登記費用や不動産取得税などがかかります。

着工関連では、地鎮祭の費用や上棟式の費用等がかかります。

この様にたくさんの費用が注文住宅を建てる上で必要になってきます。基本的に建築工事費として、本体工事費が80%程で別途工事費が15%程かかると言われており、総費用になるとこれに諸経費5%程が追加された金額になると言われています。

また、注文住宅を作る上でどんな家を作るかによっても変わってきます、間取りであったり、それぞれの部分に使う材質であったりその他設備を何にするかによっても大きく費用は変わってきます。

スポンサードリンク

« 注文住宅と法律 | HOME | 注文住宅購入資金と住宅ローン »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved