不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 注文住宅

スポンサードリンク

注文住宅:注文住宅購入資金と住宅ローン

注文住宅を建てるのに必要な資金は基本的に自己資産と住宅ローンになると思います。

ここで注文住宅を建てる為に必要な資金の大半を占めるであろう住宅ローンについて勉強してみましょう。

この住宅ローンにもいくつか種類がありそれぞれ特徴があるので、注文住宅を建てる上ではどれが自分に適しているかを見極めるのも重要であります。

たくさんある住宅ローンの中で基本的な物をいくつか紹介したいと思います

・公的融資
住宅金融公庫融資・年金住宅融資・財形住宅融資・地方自治体住宅融資等があり、それぞれ政府系金融機関、厚生労働省管轄、勤務先の財形貯蓄、地方自治体の融資制度などである。 メリットしては長期固定金利の為返済計画が立てやすい事や金利固定の安心感があります。

またデメリットとして融資を受ける為に一定の規定が存在する。

・民間融資
各種銀行・信託銀行・信用金庫・生命保険会社等様々な金融機関が取り扱っている融資制度である。

メリットとしては、現在金利が低いために公的融資よりも金利が低くなる時があるということ、またデメリットとして各銀行で金利が異なる事や、変動金利や短期固定金利が多いので金利上昇の可能性がある。

他にも自治体融資や今では、公的融資と民間融資をつないだ物などもあり、選択をするのが大変難しくなっています。

金利が1%上がるだけで数百万も違ってきたりすることがあるので、じっくりと検討して自分に合った住宅ローンを計画して注文住宅を建設してください。

スポンサードリンク

« 注文住宅の建築費用はどんなもの? | HOME | 注文住宅の構造 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved