不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 注文住宅

スポンサードリンク

注文住宅:注文住宅の構造

注文住宅を建てる上で必要になるであろう構造と工法等を勉強して見ましょう。

・ツーバイフォー工法
現在人気がある工法で、箱型の構造をしています。日本での名称は「枠組壁工法」と言い、床、壁、天井を面で支え、断面の寸法が2×4インチの角材と合板で組み合わされ六面体の箱を一単位にして空間を構成する工法です。

この構造は台風や地震など外部から強い圧力がかかっても1箇所に負荷が集中しない様に出来ています。

マニュアル化されているため加工等も容易に行える様になっています。

木造軸組工法
主に柱等の軸で支える構造になっています。日本で昔から使われてきた工法で柱や梁等を用いてその軸で重さを支え筋交い等の斜めに入れた木材で骨組みを補強する。 様々な木材等が使われ集成材と呼ばれる木と木を接着し強度をつけた物を使用したりします、現在ではコンピューターの導入による設計などで耐震性や耐久性も高まっている。 注文住宅としてこの工法の最大のメリットは構造的な制約が少なく、希望の間取りやデザインに対応できる事です。

鉄骨造
軽量鉄骨や重量鉄骨を使った構造になっています。強度が強く安定性と信頼性が高く施工性が良い。

鉄筋コンクリート造
曲線を使った物などのおしゃれなデザインが作れる。

プレハブ住宅
工事現場や仮設住宅などに主に使われ、元々ある材料をその場で組み立てます。 これにもいろいろな材料によって種類が異なってくるのですが、主な構造として、木質系と鉄骨系があり木質系はツーバイフォーの様な構造になっています。鉄筋系は骨組みに軽量鉄骨を使用した物です。

これはまだ一部ですが、注文住宅を建てる際はこの様なたくさんの工法、構造の中から自分に適したものを選び価格とも相談してより良い注文住宅を建てられるようにしましょう。

スポンサードリンク

« 注文住宅購入資金と住宅ローン | HOME | 注文住宅と坪単価 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved