不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 注文住宅

スポンサードリンク

注文住宅:注文住宅が建つまで

1.計画を立てる
まずどの様な家に住みたいのかをイメージをして、どんな家にするかを決めましょう、またいつ頃に入居をしたいか等も計画しておきましょう。

2.情報を集める
住宅雑誌やモデルハウスなどからイメージに合った住宅を建てるのにはどの様な方法が良いか等をしっかりと調べておきましょう。またここで建設会社や等も一緒に探しておいていくつか合いそうな所をピックアップしておきましょう。

3.資金計画を立てる
自分が無理をしないで注文住宅に仕える資金や、住宅ローンなどの計画を立てる。

4.敷地調査
敷地にかかる規制や敷地の境界線等を調べておきましょう、またこの時に地盤調査もしておくと良いでしょう。

5.見積もりをたててもらう
2で集めた情報を元にいくつかの建設会社にプランと予算を伝えて見積もりを立ててもらいその中から納得が出来自分に一番合っている会社を選びましょう。

6.契約
5で決めた建設会社に本設計や本見積もりを立ててもらいプランや設備などが決定してその価格にも納得をする事が出来たら工事請負契約を結びましょう。 この時には住宅ローンの申し込み等も済ませておくと良いでしょう。

7.着工、基礎工事
ここからいよいよ工事が始まります。着工時に地鎮祭を行う事が多いです。 次に基礎工事ですが、この時に基礎の設計や仕様が契約と異なっていないか確認をしておくと良いでしょう。

8.上棟
家の最上に棟が上がった段階なので、構造部が目で確かめられるので確認出来たらしておきましょう。

9.施主検査
全て工事が終了した後、工事責任者と施主が立ち会って工事内容を最終的にチェックします。

10.引渡し、入居
施主検査、指摘点が修正された後新居の保証書や引渡し証明書、取扱説明書等の書類と鍵を受け取りましょう。入居予定日が来たら引越して入居しましょう。

この様に注文住宅を建てるにはいくつの工程があり、どれも避けては通れずどれも重要です。なので最初の段階でしっかりと工程をイメージしてシミュレーションをすると良いでしょう。

スポンサードリンク

« 注文住宅と坪単価 | HOME | 都市型住宅とは »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved