不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > アパート経営

スポンサードリンク

アパート経営:固定資産税と都市計画税

アパート経営において、不動産物件の所有期間中に毎年かかる税金には、固定資産税と都市計画税があります。

固定資産税は、1月1日に、土地や家屋などの不動産物件を所有している人に課税されます。固定資産税は、新築住宅や規模など、いろいろな場合に軽減措置がとられています。固定資産税は、土地や建物以外の事業用設備で、償却資産として、課税されるものもあります。例えば、電源設備や駐車場設備、外溝工事などが償却資産になります。償却資産は、時間の経過により、価値が減っていく資産であり、原価償却資産とも言います。償却資産の固定資産税額は、土地などと違い、使用年数により、変動します。

アパート経営において、不動産物件の所有期間中にかかる都市計画税は、道路や公共設備などの都市計画事業を行なうための税金です。都市計画税は、固定資産税評価額に税率を掛けて、計算され、固定資産税と同じく、1月1日に、不動産物件を所有している人に課税されます。住宅用地の場合などの軽減措置もとられています。

アパート経営において、不動産物件の所有期間中にかかる費用を見ておきましょう。アパートローンなどのローンを借り入れているときは、ローンの返済費用がかかります。居住用の住宅ローンと同じく、借り入れ時の返済計画にのっとり、毎月、返済費用を支払いしていきます。

アパート経営において、不動産物件の所有期間中にかかる費用は、ローンの返済以外に、管理費用があります。アパートの管理には、建物や設備の清掃・点検・補修などしなくてはならないことが沢山あります。アパートのオーナーが自ら行なう場合もありますが、管理費用を払って、管理会社に頼むことが普通です。そのほか、定期的に建物のメンテナンスやリフォームが必要であり、そのための修繕費用がかかります。共有部分があれば、共有部分の電気代などの維持費用がかかります。

アパート経営において、賃貸収入が発生した場合には、所得税と消費税がかかります。消費税は、居住用賃貸料は非課税ですが、事業用賃貸料には課税されます。例えば、店舗や居住者用以外の駐車場からの収入には、課税されますので、注意が必要です。課税収入がある場合には、消費税を納付しなければなりませんが、還付を受けられる場合などがありますので、税理士などとよく相談しましょう。

スポンサードリンク

« 不動産取得税 | HOME | 不動産物件の売却や買い替え時にかかる税金 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved