不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > アパート経営

スポンサードリンク

アパート経営:アパート経営の確定申告

アパート経営では、不動産所得が発生するため、確定申告をしなければいけません。

不動産所得とは、不動産収入から、必要経費を差し引いた金額です。不動産収入は、アパート経営では家賃収入のことです。形態は似ていますが、下宿などの宿泊施設の宿泊料は、事業収入になります。前述したように、不動産物件の売却で発生した収入は、譲渡収入になります。それぞれ、収入から必要経費を差し引いたものが、事業所得、譲渡所得になります。どれも、確定申告が必要ですが、税金の計算方法や控除などが異なりますので、個別に計算する必要があります。

アパート経営の不動産収入を大まかに見てみましょう。不動産収入には、家賃収入のほかに、更新料や礼金、共益費などがあれば、それらも含まれます。敷金や保証料は、返還するため、収入には含まれません。退去時に返還しない敷金や保証料があれば、収入になります。建物に広告看板が設置してあり、使用料があれば、それも含まれます。自動販売機の売上げは、不動産収入では無いようです。

アパート経営の必要経費を大まかに見てみましょう。必要経費に計上できるものには、共有部分の清掃や光熱費、水道代などの共有部分にかかる費用や消耗品の代金があります。建物の修繕費や管理会社を使用するのであればその管理料も計上できます。入居者募集用に広告宣伝費を出していれば、それも計上できます。借入金の利息や掛け捨ての損害保険料も計上できます。物件に課税される固定資産税・都市計画税も必要経費になります。

アパート経営の確定申告における納税額は次のように計算します。まず、総所得額を算出します。総所得額は、不動産取得を含め、すべての所得額を合計します。そこから、受けられる所得控除額を差し引きます。その額に所得税率を掛けます。所得税率は、所得額によって、変わります。そこから、受けられる税額控除を差し引きます。残った額が、納税額になります。

アパート経営の確定申告では、通常、青色申告を行ないます。確定申告には、白色申告と青色申告があります。青色申告は、一定の水準の帳簿をつける必要アパート経営の確定申告では、通常、青色申告を行ないます。確定申告には、白色申告と青色申告があります。青色申告は、一定の水準の帳簿をつける必要がありますが、青色申告特別控除などで有利な取り扱いを受けることができます。青色申告は、税務署長の承認が必要になります。アパート経営を開始したときに、所轄の税務署に、「青色申告承認申請書」を提出しましょう。

スポンサードリンク

« 不動産物件の売却や買い替え時にかかる税金 | HOME | 賃貸収入 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved