不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > アパート経営

スポンサードリンク

アパート経営:賃貸収入

アパート経営とは、おおまかに言いますと、賃貸アパートを所有し、それを入居者に貸して、そこから賃貸収入を得ることです。

アパート経営は、快適なサービスや質の高い居住空間を提供するという面から、事業の一環として行なわれたり、遊休地の土地活用を目的でも行なわれたり、投資のひとつとして行なわれたりします。最近では、若い女性が複数のアパート経営を行うなど、一昔前に比べると投資としての魅力がだいぶ増しているように思えます。また、副収入や老後の収入として考える方も多いかと思います。それだけアパート経営というのは身近になってきているということでしょうか。

アパート経営の実際を、ここでおおまかに見てみましょう。アパート経営は大きく分けると、不動産物件の取得までと、不動産物件の取得後の二つに分かれます。不動産物件の取得までに行なうことは、まず、収益の出る計画を考えることです。その後、金融機関のローンなどを利用して資金を調達しなければなりません。そして、実際に不動産物件を選定し購入したり、アパートを新築したりします。

アパート経営の不動産物件の取得後は、さまざまな管理作業を行ないます。入居者の管理から、入居者の募集活動、入居希望者の審査、保証人などの確認、入居者との賃貸借契約の締結、更新の手続き、などが主としてあげられます。

アパート経営の管理作業には、賃料の管理があります。具体的には、賃料の口座振替の手配、賃料の取立て、共益費や管理料などに区分があれば、それらの取立て、共有部分の清掃や共有部分の光熱費などの共益費の支払い、賃料滞納者への対応、更新時の賃料交渉、敷金の受領・保管・返還などがあります。ローンを組んでいれば、ローンの返済もあります。建物は定期的なメンテナンスやリフォーム、不定期な修理が必要になりますので、それらの費用の積み立ても行います。固定資産税・都市計画税も積み立てておくことになります。

アパート経営の管理作業には、建物の管理もとても大切な事項です。建物の定期巡回、定期チェック、などのメンテナンスがメインになります。アパートに問題が発生した際、適材適所の対応が必要になります。これからアパート経営を始めようと思っている方は、このような知識を身につける必要があります。

スポンサードリンク

« アパート経営の確定申告 | HOME | アパート経営と投資について »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved