不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > アパート経営

スポンサードリンク

アパート経営:アパート経営と投資について

アパート経営は資金の投資先に活用されることが多くなっています。アパート経営は、ほかの投資方法とどのようにちがうでしょうか。いくつかの特徴を見てみましょう。投資とは、利益を得る目的で、事業などに、資金を投下することを言います。投資対象として、アパート経営を考えてみましょう。アパート経営は、賃貸した家賃収入というインカムゲインが主な収益です。

アパート経営では、家賃収入であるインカムゲインには、預貯金の受取利息、株式の配当金、債券の受取利息、投資信託の分配金などがあります。一般的に、インカムゲインとは、資産を保有することで得られる現金収入のことを指します。インカムゲインは、運用利益とも言います。

アパート経営では、このインカムゲインを測る尺度として、「利回り」と言うものが使われています。「利回り」は、アパート経営以外でも使われており、一般的に投資した金額に対して、年率にして何パーセントの利益が出るかということを示しています。投資した金額を元本と言います。アパート経営では、二種類の「利回り」があり、投資物件として考えるときは注意が必要です。ひとつめは、「表面利回り」と言うものです。年間の賃貸料を全室分合計し、アパート物件の販売金額で割って、率を計算します。アパート物件の販売広告などでは、通常、この「利回り」が使われています。

アパート経営で使われるもうひとつの「利回り」は、「実質利回り」と言うものです。仮に空室率が10%ならば、全室分の賃貸料の90%を年間の賃貸収入にします。年間の賃貸収入から年間のランニングコストを引いたものを、アパート物件の販売価格に、購入時の諸費用を足したもので割って、率を計算します。この「実質利回り」は、実際の収益に近い数字になります。

アパート経営では、「実質利回り」が重要です。アパート物件の購入や、ほかの投資商品と比較するときには、広告などに載っている「表面利回り」ではなく、「実質利回り」で検討しましょう。「実質利回り」を計算するためには、アパート物件に関するさまざまな情報を入手する必要があります。また、税金に関しては、アパート経営外の収入によっても変動します。

スポンサードリンク

« 賃貸収入 | HOME | アパート経営と預貯金との比較 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved