不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > アパート経営

スポンサードリンク

アパート経営:アパート経営と預貯金との比較

アパート経営と、預貯金の特徴を比べてみましょう。銀行に金銭を預けることを預金、郵便局に金銭を預けることを貯金と言いますが、金銭を貯めること全般を貯金と呼ぶこともあります。預貯金の特徴は、一般的に、元本が保証されていることと換金性が高いことがあげられます。預貯金の元本は、預け入れた金額です。預貯金では、「金利」が尺度になっています。「金利」は、預け入れた金額に対する利子の割合です。アパート経営の「実質利回り」には、「金利」から、税金や場合によっては手数料を引いたものが、相当します。

アパート経営と同じく、インカムゲインを得られる預貯金には、通常の預貯金のほかに、外貨預金があります。外貨預金とは、日本円以外の通貨で金銭を預金することです。外貨預金の特徴は、外貨では元本が保証されていることと換金性が高いこと、通常の円の預金よりも高金利なことがあげられます。外貨預金は、為替レートに直接大きな影響を受けるという特徴があります。預け入れたときよりも、円が安くなると、為替差益が得られます。アパート経営の「実質利回り」には、外貨預金の利息に、為替レートを掛け、税金や手数料を引いたものが、相当します。為替レートは常に変動しますので、実際に外貨預金を日本円に換金したときに、利回りは確定します。

アパート経営と同じく、インカムゲインを得られる債権について、見てみましょう。債券とは、国や公共団体、企業が資金調達のために発行する有価証券です。借金みたいなものです。債券の特徴は、基本的に、一定期間、一定の金利で利子が払われることと、元本が保証されていることです。債券には、満期日があり、額面の金額が支払われます。これを償還と言います。債券は、満期になる途中で売却することができますので、換金性も高いと言えます。中途売却の場合は、額面の金額ではなく、金利や景気に影響された価格で売買されます。

アパート経営と同じく、インカムゲインを得られる債権の利回りは、三種類使われます。まず、「直接利回り」と呼ばれるものがあります。年間の利息を債券の購入金額で割って、100を掛けて計算します。年間の収益を計算する場合などに使用されます。

アパート経営と比較検討する場合は、「最終利回り」と呼ばれるものを使用します。額面価格から購入価格をひいたものを残存年数で割り、年間の利息を加算したものを分子に、債券の購入金額を分母にして割って、100を掛けて計算します。年間の収益を計算する場合などに使用されます。

スポンサードリンク

« アパート経営と投資について | HOME | アパート経営と投資信託、株式投資などとの比較 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved