不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > アパート経営

スポンサードリンク

アパート経営:アパート経営と投資信託、株式投資などとの比較

アパート経営と同じく、インカムゲインを得られるものに投資信託があります。投資信託は、多数の投資家から資金を集め、まとめて証券会社などが投資運用を行ない、利潤を出資者に分配することです。略して、投信とも呼ばれます。投資信託には、投資先や運用方法により、さまざまな種類があります。確定拠出型年金の資金運用先として、一般化しています。通常、運用報告書や運用レポート、あるいは目論見書が用意され、過去の実績や将来の見込みなどを知ることができます。投資信託の特徴は、小額から投資できることや分散投資が容易なこと、元金の保証が無いこと、換金性の高いことがあげられます。

アパート経営と同じく、インカムゲインを得られるものに株式投資があります。株式とは、株式会社の資本を分割したものです。株式を所有することで、株式会社からの配当金や株主優待特典が受けられます。また、株主総会などを通して、経営に参加することもできます。株式のインカムゲインは、配当金になります。通常、株式では、配当金によるインカムゲインよりも、株式の売買によるキャピタルゲインが主な利益となります。キャピタルゲインは、譲渡益とも言います。株式の購入時よりも、値上がりして売却したときの利益を言います。キャピタルゲインには、税金や手数料がかかります。

アパート経営と異なり、株式投資は、インカムゲインのほかに、キャピタルゲインも得ることができます。株式投資は、株式の種類や取引の方法、投資の方法などにより、さまざまな種類があります。株式投資の特徴としては、景気や企業の業績により変動が大きいことや元本の保証がないこと、状況によっては換金性の低いことがあげられます。

アパート経営やマンション経営には、アパートローンなどをうまく活用することで、家賃収入というインカムゲインを得ることをしながら、アパートやマンションという不動産資産を形成することができるという他の投資商品にないメリットもあります。

アパート経営以外の投資には、そのほか、アパート経営と異なるキャピタルゲインを目的とした不動産投資や、不動産などを証券化した金融商品が続々と出てきています。運用方法を指定することにより受け取る年金の金額が変わる変額年金保険といった金融商品としての保険などもあります。それぞれの特徴と利回りを検討して、自分に合った投資を行いましょう。

スポンサードリンク

« アパート経営と預貯金との比較 | HOME | 固定資産税について »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved