不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > アパート経営

スポンサードリンク

アパート経営:アパート経営と節税対策

アパート経営には、固定資産税以外でも、税金面で有利なものがいくつかありますので、ここで挙げてみましょう。ひとつには、ローンを組むと、借入金の利息が経費に計上できることがあります。ほかに、相続対策として、有利なことがあります。

アパート経営において、不動産物件の相続を行なうときには、相続税が課税されます。相続税は、相続する人や相続する物件の広さなどで、控除や減額措置があります。特に賃貸アパートが建っている土地は、「貸家建付地」と呼ばれ、控除の対象となっています。また、「貸家建付地」は、評価額でも、低めに設定されており、相続税に関しては有利になります。

アパート経営において、不動産物件の贈与を行なうときには、贈与税が課税されます。贈与税にもさまざまな控除があります。また、「相続時精算課税制度」という制度があります。「相続時精算課税制度」は生前贈与を行ない、相続時に相続税を清算する制度です。控除額が大きく、生前贈与した時点での価額で清算します。将来、評価額が上がる不動産物件を生存贈与することや、建物だけ子供へ贈与し、家賃収入を子供のものにしておくことなどにより、うまく使うと節税対策ができます。

アパート経営には、ほかにもさまざまな税金や費用がかかります。おおまかに、税金や費用を見ていきましょう。物件取得時にかかる費用には、不動産業者の仲介を通して購入する際には、仲介手数料があります。ほかに、登記手続きを司法書士にお願いしたときの手数料やアパートローンを借り入れるときは、ローンの諸費用が存在します。ローンの諸費用には、金融機関などの事務手数料、万が一に返済できなくなった際にローン保証会社が弁済するための保証料や団体信用、生命保険、火災保険などの各保険があります。

アパート経営の物件取得時には、次の税金が課税されます。印紙税・登録免許税・不動産取得税が課税されます。さらに、購入物件の価格や各種手続きなどの手数料に消費税が課税されます。課税売り上げのある課税事業者になるなど、うまく、条件をそろえると、この消費税の還付を受けることができる場合があるようです。詳しくは、税理士などと相談してみましょう。

スポンサードリンク

« 固定資産税について | HOME | 引っ越しの業者について »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved