不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 土地活用

スポンサードリンク

土地活用:賃貸住宅経営を応援する制度

国や自治体は賃貸住宅経営を応援するための色々な制度を持っています。結構な得になることもあるので事前に調べておいて有効に活用すると良いでしょう。

賃貸住宅の経営支援制度で最も活用されているのが特定優良賃貸住宅制度です。これは優良な賃貸住宅の供給を促すことを目的として国や地方自治体が建設する際には建設費を補助し、入居者には家賃を補助するものです。

高齢者向けの賃貸住宅についても地方公共団体から補助が受けられる場合があります。高齢者向け優良賃貸住宅制度がそれにあたります。あらかじめ建設費用を提出して都道府県知事の認定を受ける必要があり、無事に認定されれば援助を受けることができます。

地方自治体ではこうした代表的な支援制度以外にも自治体の施策に合った賃貸住宅の建設に対して建設費の補助を行ったり、一括借り上げ制度を実施していたり、また借入金に対する利子補給や低利融資を行っているところなどもあります。

計画段階であらかじめ地元がどんな制度を行っているか、市役所の窓口などに問い合わせてみましょう。建設工事を委託する建設会社などに調査を頼むこともできます。

住宅建設にかかる費用は金融機関から借り入れを行うのが一般的なのは、言うまでもありませんが返済の必要のない自己資金の比率が高ければ高いほどに毎月の資金繰りが楽になり、ゆとりある経営が出来るようになります。しかし賃貸住宅経営に伴って支払う現金のことを考えるとある程度の借り入れはむしろ経営にプラスに作用するもの事実なのです。

というのも建築のために借りたお金の返済金利は事業に伴って必要となる経費とみなされるので課税の対象となる所得から差し引くことができるのです。そうすると当然に所得税が減ることにもなりますね。こうしたことから無理をして自己資金だけで建築するのでなく、借り入れを行うことが多くなります。通常は自己資金の率は30%以下に設定されることが多く、20~30%の範囲内が適当な水準と考えられている現状です。

スポンサードリンク

« 賃貸住宅の管理・運営とは? | HOME | 民間金融機関と公的機関からの借入れについて »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved