不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > 引越し

スポンサードリンク

引越し:引っ越しの業者を利用するには?

引っ越しの業者を利用するには、見積書を検討し終わったら引っ越しの業者の方から電話がかかってくると思います。もしお断りするのでしたら、その電話で断りましょう。本命の引っ越しの業者から電話がかかってきたら、引っ越しをする日に本予約を入れて、引っ越しの業者と詳細に打ち合わせをします。

引っ越しの業者との打ち合わせが終わると、契約書にサインをします。この契約書の後ろ側には、引っ越しの時にトラブルが起こったときの対処法やなど、国土交通省が定めた約款が記載されていることが多いですので、きちんと目を通しておいてくださいね。この約款は国土交通省にきちんと届出をしているという証拠にもなりますので、約款を提示しない引っ越しの業者の場合は、届出をしていない業者ということになりますから注意してくださいね。

引っ越しの業者との打ち合わせが終わり、契約書の記入が終わったら、後は引っ越しの準備をするのみです。引っ越しの業者は引っ越しの当日、決めた時間にやって来ます。それまでに引っ越しの準備を終わらせておきましょう。万が一、引っ越しの時間が延びたりすると、別料金になる恐れがありますから注意しましょう。また、次の時間に予約を入れている人にとても迷惑をかえることになります。ですから、引っ越しの準備は当日までにきちんと終わらせましょうね。

引っ越しの日時を変更する必要がでてきたら、速やかに引っ越しの業者に連絡しましょう。引っ越しが多いシーズンですと引っ越しをしたい日の予約が取れない場合もあります。早ければ、早いほど予約は取りやすいので、迅速に行動しましょう。もし、結んだ契約を破棄することになったら、違約金を払わなければいけなくなる場合もあります。そうならないように気をつけましょう。

引っ越しの業者の利用の仕方が分かったでしょうか?最近はパソコンで予約ができる引っ越しの業者もあるようなので、色々打ち合わせが面倒という人や、忙しい人は利用すると良いでしょう。その場合はその引っ越しの業者が信用できる引っ越しの業者なのか、よく調べた方がいいかもしれませんね。実際に引っ越しの業者と顔を合わせないので慎重に選んだ方が良いでしょう。

スポンサードリンク

« 引っ越し業者の選び方 | HOME | 引っ越しの業者の料金 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved