不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > ハウスクリーニング

スポンサードリンク

ハウスクリーニング:ハウスクリーニングの種類

ハウスクリーニングにも色々なサービスがある事は、冒頭で述べましたが、ここではどんなサービスがあるのか、具体的な種類について話していきたいと思います。業態的に言えば、普段の掃除や片づけなどの軽作業を代わりにやってくれる、家事代行型と、業務用洗剤や高圧洗浄機などを使用して、普段は出来ない部分のクリーニングをやってくれる専門業者型に分かれます。もちろん業者によって両方できる所もあるので、事前に確認しておきましょう。

ハウスクリーニングの専門業者型では、主に引っ越し業者や、オフィス清掃会社、ビルメンテナンス業者、住宅工事会社、リフォーム業者などの業者が業務を行っている場合が多く、基本的にはキッチンの水回りだけや、換気扇だけなどの「部分別」とキッチン全部や、お部屋毎や、家1件全部などの「一式」に分かれています。スタッフは男性中心の所が多いです。今回は、比較的リーズナブルな値段の「部分別」の方に視点を置いて見ていきたいと思います。

ハウスクリーニングの専門業者型で、一般的によくあるサービスとしては、エアコン、キッチン、換気扇、洗濯機、トイレ、バス、洗面化粧台、床掃除(ワックスがけなど)、クロス(壁)、ガラス、網戸などで、エアコンや洗濯機、換気扇などは分解掃除が基本になっており、素人では普通なかなかできないことをやってくれます。業者により得意分野があるので、サービスを頼む時によく相談することが必要です。

ハウスクリーニングのもう一つのタイプ、家事代行型では、小規模な会社から大手まで様々な業種が参入しており、競争が激化しています。小規模な所では、個人事業者、家政婦やメイドサービス業者などがあり、大手では引っ越し業者やリース会社のフランチャイズ店などが多いようです。基本的なサービスとしては、作業を女性スタッフ2名以上で行うところが多く、通常の掃除、片づけなどが一般的ですが、業者によっては換気扇などの分解掃除などもやってくれる業者があるようなので、女性スタッフの方が良い場合はこちらがお勧めです。

ハウスクリーニングは一部家政婦やメイド紹介などのサービスと、似ているところがありますが、キレイにしたい場所が決まっている場合や、大がかりな清掃、汚れが極度にひどい場合は、ビジネスライクに頼めるハウスクリーニングをお勧めします。最近ではハウスクリーニングでもピンポイントのサービス以外にも、定期的な利用のできるサービスもあり、逆に家政婦やメイドのサービスもピンポイントでの掃除などを始めている業者があり、2つの業界が、総合的なサービスを提供する方向へと向かっているようです。

スポンサードリンク

« ハウスクリーニングって何? | HOME | ハウスクリーニングの上手な頼み方 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved