不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > マンスリーマンション

スポンサードリンク

マンスリーマンション:マンスリーマンションの費用

マンスリーマンションは必要な期間だけ利用でき、無駄な費用がかからないという点が人気の秘けつです。この基本的なシステムが、どうしても割高になるビジネスホテルや初期費用がなにかとかさむ賃貸マンションを借りるより、魅力的な印象を与えるのです。

マンスリーマンションは敷金、礼金、手数料などが不要なため、イニシャルコストがとにかく安い点が魅力なのです。

マンスリーマンションは保証人を立てる必要もなく、不必要な手続きはすべて省いているのも大きな特徴です。そのため急な出張や仮の住まいとしてもすぐ入居することができます。それでいてどの物件もビジネスホテル並みに立地が良く交通アクセスが便利で、なおかつホテルの部屋より広く、バルコニーがあるなど明るいのです。

マンスリーマンションのランニングコストですが、契約期間の家賃くらいで、日割り料金、週単位、月単位で料金も決まっているので安心して暮らせます。ガス、電気、水道の公共料金は一律の金額を払って使い放題というタイプが主流でしたが、競争の激しい最近ではすべて家賃に含まれているところも増えてきており、利用する側としてはたいへんうれしい限りです。ただ、一部のマンスリーマンションでは所定の定額を超えるとその分を請求される場合がありますので、入居時に確認しておいた方がよいでしょう。また、備え付けの設備についても破損した場合、賠償しなければいけないことがありますので、気を付けましょう。なお、支払い方法は基本的に前払い制ですが、入居が長期間の場合は、毎月前払いも可能です。カード支払いが可能になっているところも最近では増えているようです。

マンスリーマンションのコンセプトは、一般賃貸住宅とビジネスホテルのいいところ取りです。家賃は賃貸住宅と比べると、家具など備え付け設備が充実しているため多少かかりますが、実際に一から暮らしに必要なものすべてをそろえることを考えるとかえって割安に済みます。また、敷金、礼金の不要分を差し引けば、2、3年の長期間で借りても普通の賃貸住宅より断然安く上がります。もちろん、ビジネスホテルと比べて格安なことはいうまでもありませんし、あらゆる形態の中で一番コストパフォーマンスに優れた賃貸スペースといえるでしょう。

スポンサードリンク

« マンスリーマンションを借りる手順 | HOME | マンスリーマンションの設備 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved