不動産イメージ

きっと役立つ不動産情報のリンク集 > ウィークリーマンション

スポンサードリンク

ウィークリーマンション:ウィークリーマンションは使い方次第

ウィークリーマンションは、通常の発想では解決できない事態でも対応できるようになっています。通常では、一ヶ月も滞在施設を利用すると多額の費用がかかります。通常の賃貸住宅では敷金や礼金などの他に、様々な料金が必要になってしまいます。

ウィークリーマンションでは、簡単な手続きと手頃な初期費用で借りることができるため、必要な時にすぐに利用が開始できます。数日の出張で終了するはずの仕事が思わぬ展開で長くなることになってしまった時、そのままホテルに滞在し続ければ、多額の費用がかかります。そんなピンチの時、ウィークリーマンションを利用すれば、さらに腰を落ち着けて、仕事に取り組むことができ、取引先からも喜ばれるはずです。

ウィークリーマンションは、一種の駆け込み寺のような部分もあります。一人暮らしの親の身のまわりの世話を近くで見てあげたいと思った時も、近くのウィークリーマンションを確保して、呼び寄せるとよいでしょう。お年寄りは、新しい家電が使えないこともあり、戸惑うこともありますが、ヘルパーさんをお願いして、使い方に慣れるまで時間をかけておけば、じょじょに以前の住居の心配もしなくなり、落ち着いてくるはずです。

ウィークリーマンションを受験生の勉強部屋として利用することもできます。猛暑の夏では、古い住居の場合、冷房がきかなかいこともあります。建設工事などで騒音が激しく勉強に集中できないこともあります。そうした時、ウィークリーマンションを借りて、勉強の遅れを取り戻すという方法が有効です。受験生の勉強部屋として借りる場合は、テレビを撤去してほしいとウィークリーマンションの運営会社に願い出れば、撤去も可能であるはずです。

ウィークリーマンションは、災害時にも力を発揮するでしょう。病弱者が地震や火事などで家を失った時、一時的にウィークリーマンションで身体を休め、気持ちを落ち着けておけば、体力の消耗をふせぐことができるでしょう。災害時には、引越しなどの体力を要する作業が大きな負担になりますので、家具や家電などが備え付けになっているウィークリーマンションを利用すれば、こうしたロスを防げるのです。被災者用の緊急住宅に入居するための手続や、支援を拡充するための行政との交渉など、煩雑なことが多いものです。お年寄りをウィークリーマンションに移動させるなど、家族の健康を守る方法としては有効です。

スポンサードリンク

« ウィークリーマンションを利用するとき | HOME | ウィークリーマンションと周辺環境 »

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 きっと役立つ不動産情報のリンク集 All rights reserved